プライバシーポリシー

株式会社One Storyは、カウンセリングサービスを提供する機関としての社会的責任と個人情報に関する法令を尊守した個人情報の重要性を認識し、以下の方針の基に個人情報の尊守に努めてまいります。


第1条 個人情報の収集と利用

収集目的を明確にした上で、目的の範囲内に限り個人情報を収集します。また、個人情報の利用は、その収集目的から逸脱しない範囲と致します。


第2条 個人情報の管理と保護

個人情報の管理を厳重に行う事とし、サービス利用者(以下、クライアント)にご承諾いただいた場合を除き、第三者にデーターを開示・提供することはいたしません。また個人情報に関する不正アクセス、紛失、破壊、改ざん、漏洩を防ぐための適切な予防および処置を行います。


第3条 準拠法等

保有する個人情報に関して適用される法令、規範を尊守致します。


第4条 個人情報保護管理体制および仕組みの継続的改善

個人情報保護に関する管理体制と仕組みについて継続的改善を実施致します。


第5条 個人情報の利用目的、提供、安全管理と照会・訂正・削除

クライアントの皆様の氏名・住所・電話番号・メールアドレス・ご相談内容等の個人情報を、カウンセリング・自分史作成支援サービスの範囲のみで収集・利用し、適切に管理運用しています。


(1)個人情報利用目的

下記の目的のために個人情報を収集・利用・管理致します。

また、ご本人の事前の許諾なしに個人情報を外部の第三者に提供いたしません。

1.当事業が提供するカウンセリング業務及び自分史作成支援業務のため。

2.サービス向上のための個人が特定されない統計情報としての利用・希望者に対する情報提供(郵便物の発送・電子メールの送信等)


(2)個人情報の提供

クライアントおよび社会の保護へ貢献することに勤め、次のいずれかに該当する場合は、個人情報を公開することがあります。

・クライアントまたは第三者の生命が危険にさらされるおそれがあると株式会社One Story所属のカウンセラーが判断した場合

・クライアント本人または第三者が虐待を受けている可能性が高く、直ちに対処しなければ相談者本人または第三者の生命が危険にさらされるおそれがあると株式会社One Story所属のカウンセラーが判断した場合

・クライアント本人が自殺をする意思を明らかにし、クライアント行為を実行される可能性が非常に高いと株式会社One Storyに所属するカウンセラーが判断した場合

・法令等により開示が求められた場合


(3)個人情報の安全管理

株式会社One Storyは、クライアントの個人情報の漏洩等がないよう、必要かつ適切な安全対策を講じ、保管・管理を行います。


(4)個人情報の照会・訂正・削除

ご提供頂きました個人情報につきましては、ご本人の請求により、ご本人に対する開示および誤っている部分の訂正または削除することが出来ます。

▲このページのトップに戻る